新着情報

平成30年度日本学校保健会特別セミナー「子供の健康とスマホ依存」講習会

1 目的
 公益財団法人日本学校保健会では、児童生徒の健康状態サーベイランス事業として、隔年で睡眠時間やインターネットの利用時間などの調査を実施、結果を報告書としてまとめています。その平成28年度の調査では、パソコンやスマートフォンなどでSNSを利用した経験のある小学校5・6年生は16.7%、中学生は49.6%、高校生では90.4%といずれも26年度の調査より2~8ポイントほど高い結果が出ています。パソコンやタブレット端末、携帯電話やスマートフォンの普及は社会生活が便利になった反面、SNS やゲームなどに没頭する子供たちが急増し、睡眠不足などの健康課題のほか、ネットによるいじめをはじめ、引きこもりや不登校の要因になるという指摘もされています。

 そこで、日本学校保健会では、主に学校関係者を対象に、いわゆる「スマホ依存」に代表されるインターネット依存症等への理解とその課題解決を図ることを目的に本講習会を開催します。

 

2 期日及び会場・定員

日時:

平成31年1月18日(金)開場13:00  開会14:00  終了16:30

会場: 星陵会館ホール(東京都千代田区永田町2丁目16)
定員: 300名(申込先着順、定員になり次第締切)

 

3 主催
 公益財団法人日本学校保健会

 

4 後援
 東京都教育委員会、一般社団法人東京都学校保健会

 

5 対象
 小・中・高・特別支援学校(含私立)の管理職・教諭・養護教諭等学校関係者、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保護者(学校長の許可を得た方)

 

6 当日のスケジュール

13:00 14:00 14:05~15:05 15:05~15:20 15:20~16:00 16:00~16:20 16:30
受付 開会 講演① 休憩 講演② 質疑応答 閉会

 

7 内容

(1)講 演①「スマホ・ネット依存の現状と治療」(仮題)
 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 院長 樋口 進 先生

(2)講 演②「スマホ・ネット依存の認知行動療法・合宿治療プログラム」(仮題)
 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 
 主任心理療法士 三原 聡子 先生

(3)質疑応答

 

8 参加申込方法

 下記の申し込みフォームのバナーをクリックして下さい。

開催要項はこちら(pdf)

地図付チラシはこちら(pdf)

2018/10/03    募集案内   

平成30年度学校健康づくり啓発ポスターコンクール

①小学生部門 ②中学生部門 ③高校生部門
対象:国公私立小学校、義務教育学校、中学校、中等教育学校、高等学校、特別支援学校の児童生徒

■募集締切:平成31年1月15日(火)必着

■応募要領

 学校での健康づくりは健康診断が中心で、学校保健安全法でも児童生徒等の健康の保持増進を図る保健管理の中核に位置されています。また、健康診断は、家庭での健康観察を踏まえて、学校生活に支障のある疾病をスクリーニングし、健康状態を把握するという役割と、その学校での健康課題を明らかにして健康教育に役立てるという二つの役割があります。このポスターコンクールは子どもたちからこのような学校での健康づくりに特化した絵を募集し、ポスター化して各学校等に配布することで、絵を通じて自らの健康に対する関心、理解を高めることを目指しています。

 ◆応募の詳細はこちらから(PDF)

■学校での健康づくりの絵を描くために

① 別紙「学校での健康づくりの絵を描くために」からキャッチコピーを選ぶか、自分で考え、子どもたちのイメージで描かせてください。

② キャッチコピーは絵の中に入れないことを原則としますが、キャッチコピーを絵の中に入れる場合は、自分で考えたキャッチコピーでも構いません。

 ◆別紙「学校での健康づくりの絵を描くために」(PDF)← こちらから印刷(プリントアウト)できます

■応募の注意点、表彰状・副賞・参加賞

絵画作品は折らず、裏に必ず作者名・学年、学校名と、絵を思いついたキャッチコピーを記入して宅配か郵送にて提出ください(応募票有り)。なお、応募作品は原則として返却いたしません。(なるべく作品は丸めないで送ってください)

 ◆応募票(Word) ← 作品の裏に貼る応募票のフォームはこちらからダウンロードできます

各部門のポスター作品採用者(最優秀賞)には本会より表彰状と副賞(図書カード)を、優秀賞2~3名には表彰状を贈呈します。
応募者全員には参加賞を贈ります。

※参加賞はご担当(代表)者に一括して送付します。送付先の学校名・担当者・住所・電話番号・応募点数・応募者名(氏名・学年)を明記した別紙を添えてご送付ください。

 ◆応募票(学校・担当者用フォーマット) ← 応募作品に同封する別紙はこちらからダウンロードできます

■学校健康づくり啓発ポスターの作成・配布

各部門のポスター採用作品は複製・印刷し、日本学校保健会のポスターとして発行、全国の学校等へ配布します。また、ウェブサイトでの公表等、本会のほかの事業で使用する場合もあります。

※採用作品を使用したポスターの著作権はすべて本会に帰属します。また、採用作品はポスター化するに当たり、作風を損なわない範囲で一部修正することがあります。

 

平成29年度学校健康づくり啓発ポスターコンクールのポスター採用作品等はこちら

 

2018/09/04    募集案内   

学校における飲酒防止教育支援研修会(兵庫、鳥取開催)

【目 的】

 未成年者の飲酒は、成人と比較してアルコールによる悪影響を受けやすいことから、その未然防止に係る教育及び啓発が必要であることは言うまでもない。さらに、学校における未成年者飲酒防止教育は、生涯を通じて自らの健康を適切に管理し、改善していく資質や能力を育てることを目標としている。
 したがって、学校における未成年者飲酒防止に関する教育では、医学的な知見に基づく健康への影響に対する理解を促すと共に児童生徒等に訴求効果の高い実践が求められる。
 本研修会は今後の未成年者飲酒防止教育の在り方等について教育関係者や医療関係者等に情報発信していくことを目的としている。

 

主催:公益財団法人日本学校保健会

共催:開催地学校保健会

後援:開催地教育委員会 公益社団法人アルコール健康医学協会

協賛:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

 

1.日時・会場

 兵庫開催(定員500名)

 

平成30年10月11日(木) 開場12:00 開演13:00 終了16:40
兵庫県看護協会ハーモニーホール(兵庫県神戸市中央区下山手通5-6-24)
兵庫開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)

  募集は終了しました。
 
② 鳥取開催(定員250名)
 

平成30年11月22日(木) 開場12:00 開演13:00 終了16:40
琴浦町生涯学習センター「まなびタウン とうはく」(鳥取県東伯郡琴浦町徳万266−5)
鳥取開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)

 
■鳥取県内在勤の方は、鳥取県教育委員会へ申込みください。
■鳥取県以外の方は、下記のバナーからお申し込みください。

2.参加対象:学校教育関係者等(管理職、教諭、養護教諭、保健主事、栄養教諭、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、行政担当者)

3.参加費:無料

4.内容:(敬称略)  
(1) 趣旨説明  文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 担当官
(2) 講義1 若者のイッキ飲みに関する実態及びその対策(仮題)
  北垣 邦彦(東京薬科大学薬学部 教授)
(3) 啓発パンフレットを使用した保健指導(仮題)
 

堀 央士(東京都立深川高等学校 教諭)

(4) 講演2  イッキ飲みの危険性、女性の飲酒のリスク(仮題)
 

兵庫開催:
松下 幸生(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 副院長)

  鳥取開催:
真栄里 仁(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 教育情報部長)
(5) パネルディスカッション
  座  長:勝野 眞吾(岐阜薬科大学 名誉教授)
  パネリスト:

松下 幸生(兵庫開催)、真栄里仁(鳥取開催)、
北垣 邦彦、堀 央士、 文部科学省担当官、林 敏昭(渡辺病院 看護師 鳥取開催)
並木 茂夫(公益財団法人日本学校保健会 事務局顧問)

 

12:00 13:00 13:10~13:30 13:30
~14:10
14:10
~14:40
14:40
~14:50
14:50
~15:40
15:40~16:40 16:40
受付 開会 趣旨説明
(20分)
講演1
(40分)
実践発表
(30分)
休憩 講演2
(50分)
パネルディスカッション
(60分)
閉会

 

5.参加申込方法: ※各会場申込み先着順・定員に達し次第、締切
 

日本学校保健会運営:学校保健ポータルサイトより申込

  ※申込者が定員を超える場合は、開催地域の方を優先します。

開催要項はこちら(pdf)

2018/08/16    募集案内   

【募集終了】平成30年度未成年飲酒防止啓発ポスター「キャッチコピー」募集

募集は終了しました。

1.趣旨:日本学校保健会では、平成30年度に全国の学校へ配布する「未成年飲酒防止啓発ポスター」に挿入するキャッチコピーを募集します。

2.テーマ:未成年飲酒防止

3.募集対象:全国の中学校・中等教育学校・高等学校の生徒保健部または保健委員会

4.応募点数:1校につき1点(保健部・保健委員会の生徒たちで話し合って、選りすぐった作品1点をご応募ください)

 

参考:平成26年度版
参考:平成27年度版
参考:平成28年度版
参考:平成29年度版
参考①: 写真は、左から平成26~29年度版の啓発ポスター
参考②: 本年度の啓発ポスターのモデルは、2020年パラリンピックを目指しているパラアスリート(競技:ゴールボール)の予定です。
写真はあくまで参考です。変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
参考写真:
参考2:金子選手

5.応募方法

(1)下記の申込みバナーからご応募ください。

(2)募集締切:平成30年10月31日(水)

6.その他

(1)応募作品は、本会の「学校における飲酒防止教育支援委員会」にて厳正なる審査を行い、入賞校として最優秀賞、優秀賞、佳作を各1点ずつ選考します。

(2)最優秀賞の作品は本年度の啓発ポスターに採用、全国の学校等へ配布します。また、ポスターはウェブサイトでの公表等、本会の他の事業で使用する場合もあります。

(3)入賞校には本会より賞品(図書券)を贈呈します。

最優秀賞1校 20,000円

優秀賞 1校 10,000円

佳 作 1校  5,000円

(4)採用作品を使用したポスターの著作権はすべて本会に帰属します。

募集要綱はこちら(PDF)

2018/08/01    募集案内   

【募集終了】小学生の保護者向け「学校と家庭で育む子どもの生活習慣」パンフレット配付申し込みを開始しました。

申し込みの累計が予定していた10万部になりましたので、小学生の保護者向け「学校と家庭で育む子どもの生活習慣」パンフレットのお申込み受付は終了いたしました。

小学生の保護者向けに、「運動」「食事」「睡眠」のテーマごとに、現在の子どもの実態と課題、健康づくりのポイントをまとめたパンフレットです(発行・編集/公益財団法人日本学校保健会 児童生徒の生活習慣向上啓発委員会、製作協力/大塚ホールディングス株式会社)。希望数を送付いたしますので、PTAや保護者の保健指導時にご活用ください。-無料-

 

ポスター画像

2018/07/03    募集案内   

【募集終了】平成30年度公益財団法人日本学校保健会事業「保健教育推進研修会」(東京、宮崎開催)

【目 的】

 少子高齢化と人口減少という大きな転換期を迎えた我が国においては、人々の健康課題はますます複雑で多様になり、将来に向けてさらに顕在化していくことが予想されている。そうした中で、小学校体育科保健領域、中学校保健体育科保健分野および高等学校保健体育科科目保健における保健教育は、これらの課題に適切に対処する資質や能力を学齢期において育成し、国民として最低限持つべき健康に関する教養(健康リテラシー)の基盤を培うものであり、極めて重要である。
 そこで、本会が推進する健康教育の一環として、保健教育の最新の考え方と進め方について理解を深め、その実践と普及に寄与する指導者の育成を図るために研修会を実施する。

 

主催:公益財団法人 日本学校保健会

後援(東京開催):⼀般財団法⼈東京都学校保健会、東京都教育委員会(申請中)

共催(宮崎開催):宮崎県学校保健会、宮崎県教育委員会(申請中)

 

1.日時・会場(定員):

①東京会場 平成30年7月31日(火)10:00~16:00
日本消防会館 大会議室(東京都港区虎ノ門2-9-16)
定員:100名(申込先着順、定員になり次第締切)
  東京開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)

東京開催の受付は終了しました。
なお、当日受付もございません。

 
②宮崎会場 平成30年11月1日(木)10:00~16:00
宮崎県水産会館 5階大研修室(宮崎県宮崎市港2丁目6番地)
定員:100名(申込先着順、定員になり次第締切)
  宮崎県開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)
本研修会は定員に達しましたので、申込みを終了しました。(H30.10.9)

 

2.参加対象:保健教育を担当する教諭、行政担当者、等(保健体育科教諭を優先します)

3.参加費:無料

4.内容 (敬称略)
(1)基調講演: 「新学習指導要領に基づく保健教育の考え方と進め方」
横嶋 剛
(スポーツ庁政策課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官、文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課健康教育調査官)
(2)講義・演習: 「保健教育の改訂のポイント及び授業づくりのヒント」
筑波大学   教授  野津 有司
聖心女子大学 教授  植田 誠治
東京学芸大学 教授  渡邉 正樹

 

9:30 10:00 10:10 ~11:00 11:00~11:10 11:10~12:10 12:10~13:10 13:10~14:10 14:10~14:20 14:20~15:20 15:20~16:00 16:00
開場 開会 基調
講演
休憩 講義・
演習①
昼食・
休憩
講義・
演習②
休憩 講義・
演習③
質疑
応答
閉会

 

5.申込方法:日本学校保健会運営ポータルサイト「学校保健」より申込
http://www.gakkohoken.jp(申込先着順、定員になり次第締切)
*申込み者多数の場合、開催地の方が優先となります。ご了承ください。

2018/05/28    募集案内   

「子供の健康管理V3」のダウンロードについて

現在の「子供の健康管理」及び「子供の健康管理V2」では、測定年月日の月日と生年月日の月日とが一致した場合に限り、時に○○歳0ヶ月と表示されず、前後1月にまたがる年齢計算の誤りが生じることがあります。

このバグを修正した「子供の健康管理V3」を載せたので、所定の手続きにしたがって、「子供の健康管理V3」をダウンロードしてください。

「子供の健康管理V3」の操作は、前のものとまったく変りがありません。

 

「子供の健康管理プログラム-ユーティリティ ダウンロード」はこちら

https://kodomo-kenkokanri-utl.hokenkai.or.jp

2018/05/24    お知らせ   

【募集終了】中高生を指導する養護教諭のための研修会 明日からの実践につながる!!思春期の体と性と心と ~産婦人科医・教育実践の視点から~..

中高生を指導する養護教諭のための研修会
明日からの実践につながる!!思春期の体と性と心
~産婦人科医・教育実践の視点から~

 中高生は、具体的な性に関する健康教育必要であるにもかかわらず、保健の授業や指導に割ける時間も少なくなっていると言われています。
 この研修会では、性や体の知識だけでなく、それが子どもたちの未来にどう繋がるかを考えて指導できる力を養います。また、グループワークでは、参加者同士が指導について抱えている課題を共有し、解決に向けて検討します。

 

■対象: 中学校・高等学校の養護教諭(思春期がテーマとなりますが小学校の先生も可、但し中学・高等学校の養護教諭を優先します)
■定員: 各会場100名(先着)
■場所と日時:
 

福岡会場:ホテルセントラーザ博多 花筐の間
7月27日(金) 10:30~16:30
定員に達したため募集を終了しました

 

 

東京会場:日本消防会館 大会議室
8月22日(水) 10:30~16:30
定員に達したため募集を終了しました

 

■主催: 公益財団法人 日本学校保健会
■共催: 「未来はカラダからだ!」(オムロン ヘルスケア株式会社)

開催要項(pdf)

 

プログラム(案)

10:30~10:35 主催者挨拶(日本学校保健会)

10:35~10:55 共催社紹介 オムロン ヘルスケア株式会社(15分)

10:55~12:10

1)講演:産婦人科医に学ぶ 思春期の心とからだ (仮) (60分・質疑応答15分)

講師:福岡開催講師:安日泰子(やすひウィメンズヘルスクニック 院長)
東京開催講師:吉野一枝(よしの女性診療所 院長)

  • 女性ホルモン、男性ホルモンによって大きく変化する二次性徴
  • 発達する生殖器、月経と射精
  • 養護教諭が知っておきたい、中高生の性、最近の動向
  • 教科書には載っていない、中高生に知ってほしいからだのこと、性のこと
  • 男女がお互いのからだについて知っておくことの重要性、望まない妊娠を防ぐ
  • 産婦人科の視点から、養護教諭の先生方に伝えたいこと

12:10~13:00  昼食休憩

13:00~14:15

2)講演: 思春期の性と心~ライフスキル教育の実践を通して~(60分・質疑応答15分)

講師:並木茂夫(日本学校保健会事務局顧問・元公立中学校長)

  • 「性と心」
  • 知識を行動変容につなげる指導の在り方
  • 行動変容に向けた自尊感情の育み

14:15~15:55

3)グループワーク(100分) 

  • グループ内で性の教育について各学校の事例や情報の共有(課題・成功事例等)
  • 講座①、②を受講して生徒にどのように性について、教えたらよいか。どのように教えたいか。
  • 教材を活用した指導方法の検討  等

15:55~16:25

4)発表、講評 (30分)

各グループの発表・情報共有

16:30  閉会

【フロー】

10:00
~10:30
10:30
~10:55
10:55
~12:10
12:10
~13:00
13:00
~14:15
14:15
~15:55
15:55
~16:25
16:25
~16:30
受付 開会・
共催社紹介
講義1
(60分+15分)
昼食
休憩
講義2
(60分+15分)
グループ
ワーク
(100分)
発表・
講評
(30分)
閉会

*17:00完全退出

未来はカラダからだ!
クリックすると http://kisotaion.org/ へリンクします。

2018/05/22    募集案内   

【募集終了】平成30年度 公益財団法人日本学校保健会特別セミナー 「子供の睡眠と健康 2018」講習会

※本講習会の参加受付は定員に達しましたので、募集を締め切りました。
アクセスいただいたところ、誠に申し訳ありません。
なお、当日受付はございませんので、受付番号をお持ちでない方のご来会はご遠慮ください。

1 目的
 昨今、生活習慣の多様化やスマートフォンの普及など社会環境の目まぐるしい変化は、子どもの就寝時間にも影響を及ぼしています。睡眠は子どもの発育には欠かせず、また、過度の寝不足や睡眠障害は、精神的不安定をもたらし学業・学校生活にも差し支えることがあります。このように睡眠に関する健康課題が顕著になっていることから、学校関係者に対し、「睡眠」についての正しい知識の普及・啓発を目的に本講習会を開催します。

 

2 日時及び会場

日時: 平成30年8月9日(水)開場:13:00  開演:14:00 閉会:16:00
会場: クレオ大阪東館ホール(大阪市城東区鴫野西2-1-21)
募集定員: 350名(申込み先着順・定員になり次第受付終了)
参加費: 無料

 

3 主催
 公益財団法人日本学校保健会

 

4 共催
 アルフレッサ ファーマ株式会社

 

5 後援(申請中)
 大阪府教育委員会、大阪府学校保健会、大阪市教育委員会、睡眠健康推進機構

 

6 対象
 小・中・高・義務教育・中等教育学校および特別支援学校(含私立)の管理職・教諭・養護教諭等学校関係者、学校医、学校歯科医、学校薬剤師 ほか

 

7 当日のスケジュール

13:00 14:00 14:05~14:50 14:50~15:05 15:05~15:50 15:50~16:00 16:00
受付 開会 講演① 休憩 講演② 質疑応答 閉会

 

8 内容

(1)講 演①「睡眠習慣の確立は子どもへの一生もののプレゼント」
講師:富山大学 理事・副学長 神川 康子 先生

(2)講 演②「学校保健に必要な睡眠医学の知識」
講師:大阪回生病院 睡眠医療センター 部長 谷口 充孝 先生

(3)質疑応答

 

9 参加申込⽅法(申込み先着順・定員になり次第受付終了)

 下記の申し込みフォームのバナーをクリックして下さい。

 

開催要項はこちら(pdf)

地図付チラシはこちら(pdf)

2018/05/18    募集案内   

【募集終了】平成30年度文部科学省補助事業『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』研修会(広島県、山形県開催)

【目 的】

 近年、我が国の青少年の抱える健康課題が多様化、深刻化する中で、未成年者による喫煙や飲酒ならびに薬物乱用も課題の一つであり、とりわけ薬物乱用においては、危険ドラッグの登場や 大麻事犯の増加、向精神薬の乱用が増加傾向にあるなど、若年層の大麻や危険ドラッグ等の薬物 乱用の広がりが懸念されている。平成 25 年に薬物乱用対策推進会議(議長:内閣府特命担当大 臣)で策定された「第四次薬物乱用防止五か年戦略」において、学校における薬物乱用防止教育 の充実強化が求められている。日本学校保健会では文部科学省の補助を受け、平成20年から平成21年にかけての学習指導要領改訂に基づき『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資 料』を改訂し、全国の学校へ配付している。『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』 を有効に活用できるよう本研修会を実施する。

 

主催:公益財団法人 日本学校保健会

 

共催:広島県教育委員会 広島県学校保健会
後援:広島市教育委員会 広島市学校保健会
共催:山形県教育委員会 山形県学校保健連合会

 

1.日時・会場(定員):開場12:00 開会13:00 閉会16:30

①広島県開催 平成30年7月26日(木)
TKP ガーデンシティ PREMIUM 広島駅前ホール(広島市南区大須賀町 13−9)
定員:200名(申込先着順、定員になり次第締切)
  広島県開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)

募集は終了しました。
研修会は予定通り行います。

 
②山形県開催 平成30年9月6日(木)
山形国際交流プラザ  山形ビッグウイング(山形県山形市平久保 100)
定員:350名(申込先着順、定員になり次第締切)
  山形県開催(要項・地図付きチラシ)(PDF)

 

■山形県在勤の方は、山形県教育委員会へ申込みください。
■山形県以外の方は、こちらから申込ください。

 

2.参加対象:学校教育関係者等(管理職、教諭、養護教諭、保健主事、栄養教諭、学校医、 学校歯科医、学校薬剤師、行政担当者)

3.参加費:無料

4.内容 (敬称略)
(1)趣旨説明: 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 担当官
(2)講義1: これからの喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育の考え方
東京薬科大学薬学部  教授  北垣 邦彦
(前文部科学省学校健康教育課健康教育調査官)

 

(3)講義2: (広島県開催)
身近に迫る薬物乱用:最近の問題について
 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所
 薬物依存研究部・依存性薬物研究室 室長    舩田    正彦
(山形県開催)
身近に迫る薬物乱用(仮題)
 元東京薬科大学薬学部    特任教授・
 一般社団法人日本くすり教育研究所     代表理事 加藤    哲太
(4)実践発表: 今求められる喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育
~指導参考資料を基盤にして~
 公益財団法人 日本学校保健会 事務局顧問  並木    茂夫

 

12:00 13:00 13:10 ~13:40 13:40~14:30 14:30~14:40 14:40~15:30 15:30~16:20 16:20~16:30 16:30
開場 開会 趣旨
説明
講演1 休憩 講演2 実践
発表
質疑
応答
閉会

 

5.申込方法:日本学校保健会運営ポータルサイト「学校保健」より申込
http://www.gakkohoken.jp(申込先着順、定員になり次第締切)

2018/05/10    募集案内   

教材用コンテンツ