健康最新ニュース

インターネットと脳の発達めぐり研究者ら緊急提言

日本教育新聞 2019/01/07

 

研究者、養護教諭などで構成する「子どものからだと心・連絡会議」(議長=野井真吾・日本体育大学教授)は先月の全国研究会議で緊急提言を決議した。

つづきを読む

2019/01/08       

いじめ重大事態に対応 茨城県教委、手引書作成進む

茨城新聞 2019/01/07

 

茨城県教委は、いじめの「重大事態」が発生した際、市町村教委や学校が適正に対応できるよう、具体的な対応策などをまとめたマニュアルの作成を進めている。

つづきを読む

2019/01/08       

不登校の小中生、過去最多の14万4千人 背景に教育機会確保法

産経ニュース 2019/01/05

 

不登校の小中学生が急増している。文部科学省の調査では、平成29年度の不登校児童生徒数は14万4031人で過去最多を記録。

つづきを読む

2019/01/08       

リンゴ病が首都圏で流行中 妊婦は要注意

毎日新聞 2019/01/04

 

両頬がリンゴのような色になる伝染性紅斑(通称・リンゴ病)が首都圏や東北を中心に流行している。

つづきを読む

2019/01/08       

学校でのLGBT教育を考える

教育新聞 2019/01/04

■「違い」について考える

子供たちに性の多様性を説く筆者(ReBit提供)
ReBit(リビット)は、LGBTを含めた全ての子供がありのままで大人になれる社会を目指す認定NPO法人だ。

つづきを読む

2019/01/08       

年間に発生する食中毒、実は半数が冬に起こっている!「手洗い」で食中毒の感染を防ぐ方法とは?

ママスタセレクト 2019/01/01

 

食中毒と聞くとなんとなく夏場をイメージしがちですよね。夏場は気温が高くなることが多く、そのせいで食材が傷みやすいことから食中毒に対する意識が高まりますが、実は食中毒が年間に起こる割合は冬場のほうが高いと言われています。

つづきを読む

2019/01/08       

インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)(平成30年12月17日~12月23日)平成30年12月28日作成

国立感染症研究所 2018/12/28

 

リンク先へ

2019/01/08       

インフルエンザを乗り切る新習慣!インフルエンザウイルスを99.99%除去

リセマム 2018/12/28

 

厚生労働省は2018年12月14日、定点当たり報告数が流行開始の目安である1.00を上回り1.70となり、インフルエンザが流行シーズン入りしたことを発表した。

つづきを読む

2019/01/08       

むし歯の割合、9歳が最多…中高では過去最低値を記録

リセマム 2018/12/25

 

文部科学省は2018年12月21日、平成30年度(2018年度)学校保健統計調査(速報)の結果概要を公表した。

つづきを読む

2019/01/08       

「ネット安全安心全国推進フォーラム」の開催について(平成30年度)

文部科学省 2018/12/25

 

近年、携帯電話やスマートフォン、パソコン等の普及により、子供たちがインターネットを利用する機会が増加しています。その一方で、「ネット上のいじめ」やインターネット上の違法・有害情報等による犯罪に巻き込まれる危険性が問題となっています。

つづきを読む

2019/01/08       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

教材用コンテンツ