募集案内

令和3年度文部科学省補助事業 「学校における水泳プールの保健衛生管理」研修会 オンデマンド開催

主催:公益財団法人日本学校保健会

【目 的】

 学校保健安全法に基づいて定められた学校環境衛生基準には、検査項目の基準及び検査方法が規定されており、プールの水質及び施設・設備の衛生状態を含め、適切な維持管理が求められている。しかし、公益財団法人日本学校保健会が平成27年に全国の公立小学校、中学校、高等学校、特別支援学校を対象に行った水泳プールの保健衛生管理に関する実態調査の結果、いつまた過去に発生したような水泳プールの事故が起こってもおかしくない状況の学校がみられた。水泳プールの事故を未然に防ぐためには、学校関係者が学校プールの施設・設備の基本情報を把握した上で、適切に保健衛生管理を行うことが大切である。そのため、本会は、学校の水泳プールの保健衛生管理に関するマニュアル「学校における水泳プールの保健衛生管理」を平成28年度に最新の知見も含めて全面改訂を行った。

 本研修会では、平成29年3月に発行した「学校における水泳プールの保健衛生管理(平成28年度改訂)」を基に、プールの保健衛生管理、プールの施設管理及び学校におけるプール活動の組織管理のポイントを紹介する。

 

1 配信期間 令和3年5月21日(金) ~ 令和3年7月20日(火)
2 参加登録期間 令和3年4月27日(火) ~ 令和3年7月20日(火)
3 参加対象 保健体育科教諭、養護教諭、保健主事、管理職、学校薬剤師、学校医、学校歯科医、教育委員会関係者等
4 参加費用 無料(参加には、事前に登録が必要です)
5 内 容(仮題)(敬称略)
(1) 趣旨説明(30分) 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 担当官
(2) 講演1(50分) プールの保健衛生管理上の課題
講師:鬼頭 英明(法政大学スポーツ健康学部 教授)
(3) 講演2(50分) プールの施設管理上の課題
講師:中村 克彦(日本プールアメニティ協会 専務理事)
(4) 講演3(30分) 学校におけるプール活動の組織管理
講師:山下 誠二(さいたま市立植竹中学校 校長)
7 参加方法 ① ポータルサイト「学校保健」へアクセス
② 「研修会 参加登録」ページに必要事項を入力して送信
③ 登録したアドレスにパスワードを記載したメールが届く
④ 配信期間内に再度、ポータルサイト「学校保健」へアクセスし、ログイン画面にメールアドレスとパスワードを入力する

※登録は、ご入力いただいたメールアドレス先へお届けする返信メールをもって 完了となります。
※ご入力者のPC環境(セキュリティ状況)によって返信メールが届かない場合は、確実に返信メールを受け取れるアドレスをご入力ください。
※動画を視聴する際も同様です。視聴できるPC環境であることを必ずご確認の上、ご登録をお願いいたします。

開催要項はこちら(PDF)

※登録は、ご入力いただいたメールアドレス先へお届けする返信メールをもって 完了となります。
※ご入力者のPC環境(セキュリティ状況)によって返信メールが届かない場合は、確実に返信メールを受け取れるアドレスをご入力ください。
※動画を視聴する際も同様です。動画が視聴できるPC環境であることを必ずご確認の上、ご登録をお願いいたします。

掲載日時:2021/04/27   

教材用コンテンツ