募集案内

令和3年度「子供の健康とスマホ・ゲーム依存」講習会(オンデマンド開催)

1 目的
 公益財団法人日本学校保健会で令和元年度に実施した「メディアリテラシーと健康行動に関する調査」(高2対象:44都府県86校8,451名)の報告書(令和3年3月発行)によると、「平日1日当たりのインターネットの利用時間」は、男女ともに「約2 ~ 3時間」が最も多く約45%でしたが、「6時間以上」が男子12.9%、女子10.2%でした。また、ゲームを利用している時間は、男子で「約1時間」が最も多く31.6%、次いで「約2 ~ 3時間」26.9%、「6時間以上」は3.7%、「不使用」9.3%でした。女子では、「不使用」が最も多く40.5%、次いで「約30分未満」28.4%で、「6時間以上」は1.0%でした。同調査では、テレビの視聴時間が短くなっている反面、SNS やゲームなどに没頭する子供たちが多いことがわかります。これらスマートフォンを代表するインターネット端末の普及は、睡眠不足などの健康課題のほか、ネットによるいじめをはじめ、引きこもりや不登校の要因になるという指摘もされています。
 そこで、日本学校保健会では、主に学校関係者を対象に、いわゆる「ゲーム依存」に代表されるインターネット依存等への理解とその課題解決を図ることを目的に本講習会を開催します。

2 主催
 公益財団法人日本学校保健会

3 対象
 小・中・高・特別支援学校(含私立)の管理職・教諭・養護教諭等学校関係者、学校医、学校歯科医、学校薬剤師 等

4 配信期間
 令和3年11月11日(木) ~ 令和4年1月10日(月)

5 申込受付期間
 令和3年10月25日(月) ~ 令和4年1月10日(月)

6 申込方法(事前申込み制:下記の申し込みフォームより申し込み)

① 申込みフォームに必要事項を入力し、送信する

② 登録したE-mailアドレスへ返信メールが届くと受付完了

③ 返信メールにあるURLとパスワードで閲覧

注1)必ず返信メールが受け取れるE-mailアドレスでご登録をお願いします。

注2)届いた返信メールの転送・複写・譲渡等を禁じます。

7 内容

(1)講 演①(60分)
「ゲーム ・ネット依存の実態と治療」

独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 院長 樋口 進 先生

(2)講 演②(45分)
「子供の健康とスマホ依存 スマホ依存・ゲーム障害の治療の実際」

 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 主任心理療法士 三原 聡子 先生

※参加申し込みの受付は、10月25日(月)より開始します。

開催要項はこちら(pdf)

掲載日時:2021/10/15   

教材用コンテンツ