乳児期における父親の育児への関わりが多いことが、 子どもが16歳時点でのメンタルヘルスの不調を予防する可能性

国立成育医療研究センター 2023/01/12

 

国立成育医療研究センター研究所 社会医学研究部の加藤承彦室長らの研究グループは、2001年に生まれた子どもの家庭を対象にして、乳児期における父親の育児への関わりが、子どもが16歳時点でのメンタルヘルスの不調とどのように関連しているのかを分析しました。

つづきを読む

掲載日時:2023/01/17   

教材用コンテンツ