食事の時間がアレルギー症状に強く影響 食べる時間を変えると症状が改善するかも

スポーツ栄養Web -一般社団法人日本スポーツ栄養協会(SNDJ) 2019/11/20

 

食事摂取のタイミングがアレルギー症状に強く影響することを示す動物実験の結果が山梨大学から報告された。「Allergol Int」誌に論文発表されるとともに、同大学のサイトにプレスリリースが掲載された。

つづきを読む

掲載日時:2019/11/26   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

教材用コンテンツ