広島、被災者2人に破傷風 感染症に注意呼び掛け

産経ニュース 2018/08/05

 

西日本豪雨で被災した広島県内の2人が破傷風を発症していたことが4日、県への取材で分かった。豪雨から1カ月近くとなり、被災者やボランティアにさまざまな感染症が出る恐れがあるとして、県が注意を呼び掛けている。

つづきを読む

掲載日時:2018/08/07   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

教材用コンテンツ