第17回 Q & A 「子どもが起こすスポーツ障害」原稿

【保健指導】

Q. 膝の靭帯損傷で秋に手術を受ける予定の生徒がいます。3年生で部活は引退しているのですが、体育の水泳は主治医の先生が参加を許可しています。平泳ぎをしたら膝に違和感が残ったそうですが、授業はどのくらい参加させたらいいのか迷っています。

A. 膝の靭帯は四つありますが、そのどの部分の損傷か、また、どの程度の損傷なのか実際にその生徒を診察しないとなんとも言えません。体育の水泳は可能と主治医が判断されているのですから、養護教諭の先生や本人がどの程度の運動に参加できるのか迷われた時は主治医と相談し、確認していただけたらと思います。

Q. バレーボール部の生徒で、腰痛で来室する生徒が多いのですが、この理由はどんなことが考えられるのでしょうか。また、そういう生徒にはどういう保健指導をすればいいでしょうか。

A. 小学校高学年から中学生くらいのいわゆる10代前半の子どもの腰痛の原因の一つとして、腰椎分離症というスポーツ障害があります。バレーボールなど背中をそらす動作やジャンプからの着地のような動作を繰り返すことで背骨の骨と骨をつなぐ腰椎の関節近くの部分にひび(疲労骨折)が入り、背中を後ろにそらせる動作で痛みが強くなるのが特徴です。一方、運動の時には痛く、普段の時はなんともないという程度の筋肉由来の腰痛では、運動を続けていくことも可能です。軽度なものは数週の安静で治りますが、運動を再開すると痛みが起こるようでしたら整形外科を受診させてください。腰椎分離症であっても早期の診断とコルセットなどで安静にすることで骨折が治癒する可能性もありますが、診断が遅れたり、安静が不十分ですと、骨折部の癒合が望めず、そうなると、その後は腰痛のコントロールが治療の目標となります。単なる腰痛の再発予防には、腰痛体操や背筋、大腿部などのストレッチング、腹筋の強化も重要です。


     

教材用コンテンツ