アレルギー対応食堂、親子支える 悩み共有、情報交換も 守山

産経ニュース 2018/05/09

 

■医師らメニュー考案、低価格で提供

 食物アレルギーがあっても子供が安心して食事を楽しみ、家族同士も交流できる場を提供しようと、県内の医師や看護師らが卵や小麦などの特定原材料7品目を除去したメニューを考案し、低価格で提供する「食堂」の運営を始めた。地域支援の取り組みとして全国に広がる「子ども食堂」をヒントにしたという。

つづきを読む

掲載日時:2018/05/16   
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

教材用コンテンツ