学校欠席者情報収集システム説明会を開催しました

 2月16日(木)に日本医師会館大講堂において、都道府県・指定都市・特別区の担当者と医師会関係者約170名の参加を得て、学校欠席者情報収集システムに関する説明会を開催しました。日本学校保健会 弓倉専務理事、国立感染症研究所 大石感染症疫学センター長の挨拶の後、弓倉専務がプレゼン資料に基づいて学校欠席者情報収集システムの現状と今後の運営の在り方について説明いたしました。運営主体変更の経緯、運営経費の課題、システム改修や新規導入等の今後の運営方針等について、自治体の皆様に理解を深めていただけたものと考えております。皆様からお寄せいただいたご意見等も踏まえて検討を進めてまいります。今後も本システムを継続して安定的に運用できるよう力を尽くしてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

日本学校保健会事務局

 

プレゼン資料「学校欠席者情報収集システムの現状と今後の運営について」(PDF)

掲載日時:2017/02/27   

教材用コンテンツ