募集案内

平成29年度日本学校保健会事業 思春期皮膚疾患(ニキビ)啓発ポスターコンクール

主催/公益財団法人日本学校保健会

 

1.趣旨

 ニキビは青春のシンボルと捉えられることもありましたが、あとが残る事で大人になってからも気になる場合があります。ニキビは思春期のホルモンバランスの変動により、皮脂が多く分泌されるようになり、いわゆる白ニキビ、黒ニキビと言われる丘疹を作ります。ここに細菌の感染が生じると、膿をもった赤みの強い丘疹になります。したがって、ニキビを作らないために日頃の生活習慣を整えることが最も大切であり、できた場合には早めのケア・治療が重要となります。

 児童生徒が生涯にわたり心身ともに健康な生活を送ることができるよう、ニキビの予防及びニキビができても正しいケアによって症状の悪化を抑えられること等を啓発するポスターを作成するため、キャッチコピー及び絵画を募集します。

2.テーマ:ニキビで悩まないためにみんなができること

3.募集部門・対象

 全国の小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校、高等学校の児童生徒

4.提出方法および提出先

(1) 絵画作品は折らず、裏に必ず作者名・学年、学校名を記入して宅配または郵送にてご提出ください(応募票有り)。なお、応募作品は原則として返却いたしません。(なるべく作品は丸めないで送ってください)絵に合わせたキャッチコピー1点以上を添えて応募してください。ただし、絵の中にキャッチコピーを入れないでください。
(2) 養護教諭・保健主事の先生方には、応募作品は、各学校の保健部(保健委員会)等で取りまとめ、学校単位でご応募ください。
(3) 日本学校保健会「学校保健ポータルサイト」(http://www.gakkohoken.jp/)の「思春期皮膚疾患(ニキビ)ポスターコンクール」ページから応募票をダウンロードし、必要事項をご記入の上、応募作品と必ず同封して提出ください。
◆絵画は応募作品ごとに応募票を1枚ずつ添付。必ず一点ごとにニキビ治療啓発ポスターの題材として選定された理由・キャッチコピーを明記ください。
(4) 募集締切:平成30年1月12日(金)必着
(5) 提出先:〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-17 虎ノ門2丁目タワー6F
    公益財団法人日本学校保健会 ニキビポスターコンクール担当高橋 

5.応募条件

(1)作品は未発表のもので、1人1点の応募です。既存のキャラクターなど他に著作権のあるものは避けてください。

(2)規格・画材等は以下の通り

  • ①原則として四つ切画用紙(縦540㎜×横370㎜)。
  • ②画材は自由。コンピューターグラフィック(CG)可。(CGは、A4サイズ以上)
  • ③縦方向のみとする。

6.その他

(1) 応募作品は、本会の思春期皮膚疾患に関する啓発委員会にて厳正なる審査を行い、最優秀賞1点、優秀賞1点、佳作1点を選考します。
(2) 入賞者には本会より賞状と副賞(図書カード)を贈呈します。
・最優秀賞 1名  ・優秀賞 1名  ・佳作 1名
(3) 平成30年2月初旬に日本学校保健会ポータルサイトで発表します。また最優秀賞の作品は日本学校保健会発行のポスターに採用、3月に全国の学校等へ配布します。また、入賞作品はウェブサイト等での公表のほか、本会の事業において無条件かつ無償で使用する場合もあります。ポスター等には採用者の学校名、学年、氏名を記載しますので、あらかじめご了承ください。
(4) 応募作品は返却いたしません。
(5) 著作権侵害等の責任は本会では負いません。万一、応募作品について、第三者と紛争が生じた場合は、応募者ご自身の責任と費用負担によって解決するものとします。
(6) 採用作品を使用したポスターの著作権はすべて本会に帰属します。また、採用作品(絵画並びにキャッチコピー)はポスター化するに当たり、作風を損なわない範囲で一部修正することがあります。

 

◆応募要領はこちら(PDF)

◆応募票はこちら(PDF)

 

《本件照会先》   公益財団法人日本学校保健会 担当:高橋

〒105-0001東京都港区虎ノ門2-3-17虎ノ門2丁目タワー6F

電話03-3501-0968 FAX03-3592-3898

 

掲載日時:2017/12/01   

教材用コンテンツ