募集案内

平成28年度文部科学省補助事業 『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』研修会(京都開催)

【目 的】

 近年、我が国の青少年の抱える健康課題が多様化、深刻化する中で、未成年者による喫煙や飲酒ならびに薬物乱用も課題の一つであり、とりわけ薬物乱用においては、危険ドラッグの登場や、他の薬物乱用者が減少傾向にある一方で、向精神薬の乱用が増加傾向であることから学校等における指導・教育のさらなる充実強化が求められている。日本学校保健会では文部科学省の補助を受け、平成20年から平成21年にかけての学習指導要領改訂に基づき『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』を改訂、全国の学校へ配付した。平成25年8月7日に文部科学省 薬物乱用対策推進会議において「第四次薬物乱用防止五か年戦略」が決定したことを踏まえ、『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』を有効に活用できるよう本研修会を実施する。

主催:公益財団法人日本学校保健会

後援:京都市教育委員会 京都市学校保健会(いずれも申請中)

1.日時: 平成29年1月20日(金)開場13時 開演13時20分 終了16時45分
2.会場: 京都市総合教育センター 4階「永松記念ホール」(京都市下京区河原町通仏光寺西入)
3.参加対象: 学校教育関係者等(管理職、教諭、養護教諭、保健主事、栄養教諭、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、行政担当者)
4.参加費: 無料
5.募集定員: 350人(申込先着順、定員になり次第締切)
6.内容:  
(1) 趣旨説明
  文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 担当官
(2) 講義
  これからの喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育の考え方
  東京薬科大学薬学部 教授 北垣 邦彦(前文部科学省学校健康教育課健康教育調査官)
(3) 特別講演
  身近に迫る薬物乱用:最近の大麻問題を考える
  国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部・依存性薬物研究室 室長 舩田正彦
(4) 実践発表
  今求められる喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育~指導参考資料を基盤にして~
  公益財団法人 日本学校保健会 事務局長 並木 茂夫
13:00 13:20 13:20
~13:30
13:30
~14:00
14:00
~14:50
14:50
~15:00
15:00
~15:50
15:50
~16:40
16:40
~16:45
開場 開会 開会
行事
趣旨
説明
講義 休憩 特別
講演
実践
発表
質疑
応答
7.申込方法: (公財)日本学校保健会ポータルサイト「募集事業案内」より申込。

開催要項はこちら(pdf)


掲載日時:2016/12/02