ようこそ ゲストさん 
財団法人日本学校保健会のホームページへ  
お知らせもっとみる

【目 的】
近年、我が国の青少年の抱える健康課題が多様化、深刻化する中で、未成年者による喫煙や飲酒ならびに薬物乱用も課題の一つであり、とりわけ薬物乱用においては、危険ドラッグの登場や、他の薬物乱用者が減少傾向にある一方で、向精神薬の乱用が増加傾向であることから学校等における指導・教育のさらなる充実強化が求められている。日本学校保健会では文部科学省の補助を受け、平成20年から平成21年にかけての学習指導要領改訂に基づき『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』を改訂、全国の学校へ配付した。平成25年8月7日に文部科学省 薬物乱用対策推進会議において「第四次薬物乱用防止五か年戦略」が決定したことを踏まえ、『喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料』を有効に活用できるよう本研修会を実施する。

主催:公益財団法人日本学校保健会
共催:沖縄県教育委員会 沖縄県学校保健会(いずれも申請中)

1 日  時: 平成28年6月20日(月)開場13時 開演13時20分 終了16時45分
2 会  場: 浦添市てだこホール 小ホール(沖縄県浦添市仲間1-9-3)
3 参加対象: 学校教育関係者等(管理職、教諭、養護教諭、保健主事、栄養教諭、学校医、
学校歯科医、学校薬剤師、行政担当者)
4 参加費: 無料
5 募集定員: 300人(申込先着順、定員になり次第締切)
6 内  容  
(1) 趣旨説明
文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 担当官
(2) 講義1 これからの喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育の考え方
東京薬科大学薬学部 教授 北垣邦彦(前文部科学省学校健康教育課健康教育調査官)
(3) 講義2 喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料作成のねらい
兵庫教育大学大学院 教授 西岡 伸紀
(4) 実践発表 今求められる喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育~指導参考資料を基盤にして~
公益財団法人 日本学校保健会 事務局長 並木 茂夫

 

13:00 13:20 13:30 14:00~14:50   15:00~15:50 15:50~16:40 16:40~16:45
開場 開演 開会
行事
主旨
説明
講義1 休憩 講義2 実践発表 質疑応答

 

7 参加申込方法: 日本学校保健会運営ポータルサイト「学校保健」より申込

 

募集要綱はこちら(PDF)

今後の予定
・滋賀県 10月20日(木)AM
・京都市 日程未定



 昨今、生活習慣の多様化やスマートフォンの普及など社会環境の目まぐるしい変化は、子どもの就寝時間にも影響を及ぼしています。睡眠は子どもの発育には欠かせず、また、過度の寝不足や睡眠障害は、精神的不安定をもたらし学業・学校生活にも差し支えることがあります。このように睡眠に関する健康課題が顕著になっていることから、学校関係者に対し、「睡眠」についての正しい知識の普及・啓発を目的に本講習会を開催します。
日時: 平成28年8月5日(金)開場:13:00 開演14:00~16:00
会場: 四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町87番地)
募集定員: 400名(申込み先着順・参加費無料)
募集締切: 平成28年7月29日(金)※ただし、定員になり次第、締め切ります。
対象: 小・中・高・特別支援学校(含私立)の管理職・養護教諭・教諭等学校関係者、学校医、学校歯科医、学校薬剤師ほか

 

当日のスケジュール

13:00 14:00 14:05~14:50   15:05~15:50 15:50~16:00 16:00
受付 開会 講演① 休憩 講演② 質疑応答 閉会

 

講 演①「生活習慣・学力と睡眠教育」
東京医科大学 睡眠学講座 准教授
医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木 カウンセラー 駒田 陽子 先生

講 演②「学童期の睡眠障害 -その予防と対応-」  
東京医科大学 睡眠学講座 教授
医療法人社団絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木理事長 井上 雄一 先生

 

参加申込方法(次の①または②のいずれかでお申し込みください)
①ネット申込み: 下記の「ホームページからのお申し込みはこちら」をクリックして申込フォームへ
②FAX申込み: 下記のFAX用申込用紙をダウンロード後プリントし、必要事項を記入→日本学校保健会へFAX
※後日、FAXにて参加票を返信しますので、申込者のFAX番号をお忘れなくご記入ください。

FAX用申し込みシートはこちら(word)

開催要項はこちら(pdf)

ご案内チラシはこちら(pdf)

 

主催 公益財団法人 日本学校保健会
  アルフレッサ ファーマ株式会社、田辺三菱製薬株式会社
後援 東京都教育委員会、一般財団法人東京都学校保健会、睡眠健康推進機構



学校生活において、教職員が色覚に異常のある者に配慮し、適切な指導を行うためには、色覚異常に関する正確な知識を身につけておくことが必要です。このたび色覚に関する基礎知識や色覚の特性を踏まえた配慮の例などを取りまとめました。本資料を参考に、色覚異常の特性を理解し、学校の環境整備に役立てていただければ幸いです。

 

学校保健会発行物「学校における色覚に関する資料」のページへ



 日本学校保健会の平成27年度健康診断啓発ポスターコンクールに全国から総数1,865点に及ぶご応募をいただき、ありがとうございました。本会の健康診断啓発委員会(衞藤隆委員長)での審査の結果、各部門のポスター採用作品が決まりました。また、最終審査まで残った6作品もあわせてご紹介します。
各部門のポスター採用作品は、平成28年3月中にポスター化し、全国の学校へ配布します。

 

採用作品はこちら



日本学校保健会では、平成27年度に作成し、全国の学校へ配布する未成年飲酒防止啓発ポスターに使用するキャッチコピーを中学・高校の生徒保健部・保健委員会を対象に各校1点で募集したところ、91校から応募がありました。1月18日開催の学校における飲酒防止教育支援委員会において厳正な審査を行ったところ、各賞の受賞校が決定されました。

最優秀賞の作品は、本年度の未成年飲酒防止啓発ポスターのキャッチコピーとして採用、全国の学校へ配布する予定です。

※採用作品を使用したポスターの著作権はすべて本会に帰属します。

 

大切な未来 断る勇気!STOP飲酒
前橋市立前橋高等学校

飲酒で閉ざすな!夢への扉
静岡県藤枝市立葉梨中学校

お酒より今しかできないコト、しよ?
埼玉県立春日部高等学校



日本循環器学会AED検討委員会では、学校での突然死を防ぐため、 学校関係者向けに「学校内の突然死ゼロを目指した提言」を作成し、 普及・啓発をすすめています。詳しくはHPをご覧ください。

http://www.j-circ.or.jp/cpr/suggestion.html

【提言内容】
1.なぜ、学校内救命体制の確立が求められているのか
2.学校内での心停止時に胸骨圧迫とAEDは必須
3.どこに、どのようにAEDを設置するか
4.職員救命訓練と急変時のチームワーク
5.ハイリスク児童生徒の把握と平時からの備え
6.児童生徒への救命法教育



「心の健康に関する教育」委員会報告書

<はじめに>

 近年の社会環境や疾病構造の変化等を踏まえ,また,国全体の精神保健対策の取組の中で,児童生徒への心の健康に関する教育の在り方についての議論する必要性が生じている。本委員会では,現行の学習指導要領も踏まえつつ,心の健康について,現代的な課題の解決と国民に必要な精神保健に関わる教養という観点から検討を行った。

(日本学校保健会発行物のページへ



 日本学校保健会の平成26年度健康診断啓発ポスターコンクールに全国から総数1,404点に及ぶご応募をいただき、ありがとうございました。本会の健康診断啓発委員会(衞藤隆委員長)での審査の結果、各部門のポスター採用作品が決まりました。また、最終審査まで残った6作品もあわせてご紹介します。
各部門のポスター採用作品は、平成27年3月中にポスター化し、全国の学校へ配布します。

 

ポスター採用作品のページへ



 
「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」無料提供
監修 公益財団法人 日本学校保健会
公益社団法人 日本眼科医会
制作 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
ビジョンケア カンパニー
 
■「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」
データをこちらからダウンロードできます(PDF)

■申込チラシのダウンロードはこちらへ(PDF)
 
■リーフレット「知っていましたか? カラーコンタクトレンズのこと」
監修:日本コンタクトレンズ学会理事 宇津見義一
データはこちらからダウンロードできます(PDF)
 
■「養護教諭向けコンタクトレンズ指導手引き書」
監修:日本コンタクトレンズ学会 理事 宇津見義一
データはこちらからダウンロードできます(PDF)
◆J&J養護教諭アンケート調査結果(プレスリリース)
☆2013年調査結果 データはこちらからダウンロードできます(PDF)
☆2014年調査結果 データはこちらからダウンロードできます(PDF)
☆2015年調査結果 データはこちらからダウンロードできます(PDF)



 日本耳鼻咽喉科学会

「学校における耳鼻咽喉科救急疾患の対応と処置」マニュアルを掲載いたしました。

ダウンロードはこちらからお願いします。

「学校における耳鼻咽喉科救急疾患の対応と処置」マニュアル(PDF)



国立感染症研究所がお届けするインフルエンザに関する最新情報です。「お知らせ」欄をご覧ください。

http://www.syndromic-surveillance.net/yakkyoku/yakkyoku_nippou/index.html




電子図書館に
がんの教育に関する検討委員会 報告書(平成26年2月)を掲載しています。

電子図書館へリンク



日本学校保健会夏季セミナー 未成年者飲酒予防研修会

「学校に求められる未成年飲酒防止教育・実態とその背景」記録集
無料頒布のお知らせ

 

お申込み: 添付の申し込みシートをダウンロードして、本会までFAXでお申し込みください。
配  布: お一人様5部まで。お申込み先着順で、予定部数がなくなり次第、締切となりますので予めご了承ください。
研究会などで多数必要な場合は、ご相談ください。

開催日時・場所
平成25年7月25日(木) キャンパスプラザ京都

研修会概要 ?学校における飲酒防止教育の考え方
    文部科学省スポーツ・青少年局健康教育調査官 北垣 邦彦
  ?未成年飲酒の問題点とその背景
    埼玉県立精神医療センター副病院長 成瀬 暢也
  ?女性の飲酒とその課題
    独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター 医師 真栄里 仁
  ?小・中学生における効果的な飲酒防止教育実践
    茨城県鹿島市立高松中学校 養護教諭 関根 幸枝

※当日の各講演は、学校保健ポータルサイト「ネットDE研修」で動画配信しています。記録集と併せ、 地域の研究会等での研修やいろいろな場面でご活用ください。

申し込みシートダウンロード(word)



風疹の流行は春に多いと言われています。妊婦が罹患する先天性心疾患、 難聴、白内障など生まれてくる子どもへの影響が懸念されています。 予防はワクチン接種。現在は小学校入学までに2回の定期予防接種が適用 されていますが、未接種でまだ風疹に罹ったことのない児童生徒、教職員 は、ぜひワクチン接種を。


コラムページへ




電子図書館に
保健学習授業推進委員会
平成25年度報告書
「中学校の保健学習を着実に推進するために」を追加しました。

電子図書館へリンク


(1) 2 3 »
教材用コンテンツ
公益財団法人 日本学校保健会